当サイトについて

ハイドロキノンは、シミを消したいと思っている方におすすめです。ハイドロキノンのシミ消し効果と濃度の関係やハイドロキノンのリスク、ハイドロキノン配合化粧品の選び方などを解説していきます。

目次

1.シミにはハイドロキノンが効果がある
2.ハイドロキノンのシミ消し効果と濃度の関係
3.ハイドロキノンのリスクと濃度の関係
4.ハイドロキノン配合化粧品はどうやって選んだら良い?
5.安心して使えるハイドロキノン配合化粧品ランキング

1.シミにはハイドロキノンが効果がある

シミに悩んでいる女性は、特に30代以降になると増えてくるようです。シミがある一番のデメリットは、老けて見えてしまうことでしょう。シミのない肌は、若々しく健康的に見えますし、ナチュラルメイクでも十分にきれいです。最近はジムに通う女性も多いですが、汗でメイクが落ちたとしても、素肌がきれいであれば気になりませんね。シミのないきれいな肌というのは、それだけで自信になりますし、女性にとっては憧れなのです。

 

では、気になるシミを消すためには、どんな美白化粧品を使ったら良いのでしょうか。シミ消し効果が高いことでと知られているのが、ハイドロキノンです。美白成分としてよく知られているアルブチンやコウジ酸、プラセンタなどには、シミ予防効果だけしかありません。これに対し、ハイドロキノンにはシミ予防効果だけではなく、今あるシミに対してのシミ消し効果もあるのです。

2.ハイドロキノンのシミ消し効果と濃度の関係

ハイドロキノンは、麦芽やコーヒーなどに含まれている天然の成分です。ハイドロキノンがどうやってシミを消したり、シミの予防をするのかというお話の前に、シミの出来る仕組みをご説明しましょう。お肌が紫外線などの刺激を受けると、色素細胞であるメラノサイトの活性因子が作られます。これによりメラノサイトが刺激されて、メラニン生成酵素のチロシナーゼが活性化されます。するとチロシナーゼはメラノサイト内のチロシンに作用してメラニンに変化させます。このメラニンがケラチノサイトに蓄積することでシミが出来るのです。

 

何だか難しく感じるかもしれませんが要するに、シミを消すためには出来てしまったメラニンの色を薄くすることが必要なのです。また、シミを防ぐためには、チロシナーゼやメラノサイトの活性を制御することが必要になるわけです。

 

ハイドロキノンには還元作用があり、メラニンを還元して色を薄くします。またチロシナーゼやメラノサイトの活性を抑える働きも持っています。ですからハイドロキノンには、シミを消す効果とシミを予防する効果の両方があるというわけです。

 

市販のハイドロキノン配合化粧品のハイドロキノン濃度は、1%未満から4%とされています。それに対して、病院で処方されるものは5%以上と高濃度です。シミ消し効果は、ハイドロキノンが高濃度なほど高くなります。シミ消し効果の面からだけ考えれば、ハイドロキノン濃度が高い方が良いということになります。

 

ただし、ハイドロキノンには副作用もあります。濃度が高いものはそれだけ刺激も強くなり、リスクも高くなります。ハイドロキノンの配合率が5%以上のものは、自己判断では使用せずに、必ず医師の指導に従って使う必要があります。ハイドロキノンは、シミ消し効果だけを優先して、濃度が高いものを使えば良いというわけではないので注意が必要です。

3.ハイドロキノンのリスクと濃度の関係

シミ消し効果とシミ予防効果があるハイドロキノンですが、リスクもあるので気をつけなければなりません。ハイドロキノンは、刺激が強い成分です。人によっては、ハイドロキノンを使用すると肌に炎症を起こすケースもあります。またハイドロキノンには、不安定で酸化しやすいという性質もあります。酸化したハイドロキノンは、肌を刺激してしまいます。酸化しないように、ハイドロキノン使用後はキチンとフタを閉め、冷暗所に保管しなければなりません。ハイドロキノン使用後は色素沈着しやすくなるため、紫外線にも注意しましょう。

 

ハイドロキノンは、濃度が高くなるにつれ刺激が強くなって、リスクも高くなります。つまり、濃度が低い方が刺激が少なく、肌トラブルも起きにくくなります。5%以上のハイドロキノン配合化粧品では、白斑が出来てしまったケースもあります。肌のトラブルを起こしやすい方は、高濃度のものは避けた方が安全です。

4.ハイドロキノン配合化粧品はどうやって選んだら良い?

ハイドロキノンのリスクについては、 3.ハイドロキノンのリスクと濃度の関係 でご説明しました。リスクがあるとはいっても、せっかく高いシミ消し効果のあるハイドロキノンを使わないのはもったいないですね。では、ハイドロキノン配合化粧品はどうやって選んだら良いのでしょうか。

 

ハイドロキノンの副作用は、刺激が強いこと、安定性が悪いことによって引き起こされます。ハイドロキノンの濃度が低ければ刺激も弱くなるのですが、濃度が低くなればシミ消し効果も低くなってしまうのが困ります。そこで、低濃度でも、シミ消し効果が高いものであれば良いわけです。そのためには、シミに確実にハイドロキノン成分が届くように、浸透率が高いものが効果的です。また、酸化したハイドロキノンは肌への刺激が強くなるので、ハイドロキノンの安定性が保たれているものが望ましいといえます。

 

安心して使えて、シミ消し効果もしっかりとあるハイドロキノン配合化粧品を選ぶポイントは
・ハイドロキノン濃度が高すぎないもの
・ハイドロキノンの安定性が高いもの
・刺激が少ないもの
・ハイドロキノンの浸透性が良いもの
ということが出来ます。

5.安心して使えるハイドロキノン配合化粧品ランキング

おすすめのハイドロキノン配合化粧品をランキングにしてみました。

 

QuSomeホワイトクリーム1.9  ビーグレン

医療にも使われている浸透テクノロジー「QuSome」を応用しています。「浸透深度」を意識したハイドロキノンクリームです。ハイドロキノンが確実にシミに届くので、ハイドロキノン濃度が1.9%でありながら、4%のものと同等の効果があります。安定性も高く刺激が少ないので、敏感肌の方でも使えます。トライアルセットでしたら、お得にお試しいただけます。365日返金保証付きです。

 

 

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110   アンプルール

ウォブクリニック中目黒の皮膚科医 瀬聡子氏による、ドクターズコスメです。新安定型ハイドロキノンが配合された美容液です。スポットケアに適しています。トライアルキットがお得です。

 

 

プラスナノHQ  プラスキレイ

ハイドロキノン濃度が4%と、市販品の中では高濃度です。ハイドロキノンの専門店による、ポイント集中ケア用のクリームです。お得なお試しセットもあります。